川崎市 工務店 太洋建設

〒212-0025 神奈川県川崎市幸区古川町37番地7 Tel. 044-522-0351 ■受付時間:8:00〜17:30(日曜定休)

地球にやさしい家づくり

各素材、工法解説

人と環境にやさしい素材

太洋建設で使用する外壁材であるダイライトは、発ガン性のあるアスベストを一切使用していません。また異臭やアレルギー体質への影響が懸念されるホルムアルデヒドも、バーチクルボードや繊維板に適応されるJIS:Eoの放散量基準を大幅にクリア。人と環境に考慮した材料です。

図解:ホルムアルデヒドの放散量基準


夏涼冬暖の快適な住まい

夏涼冬暖の快適な住まい太洋建設では、透湿抵抗値が低い『ダイライトMS』で外周を覆う通気構法が標準ととしています。このため壁体内の結露を抑え、土台や柱の老朽を防止し、丈夫な住まいを長持ちさせます。さらに筋カイが減り、断熱材の施工ムラが防げ、夏涼冬暖の快適な住まいをつくることができます。


通気構法について

断熱性能の高い住宅は湿気の逃げ道がなく、壁体内で結露の発生が起こります。これは断熱材を濡らし、木部を腐食させ、大切な建物の耐久性を低下させます。
通気構法とは、外壁と壁体内の間に通気層を設けることにより、壁体内の湿気を、効率よく排出させる施工方法です。風がなくとも、温度差により外壁下部から流入する空気は、外壁と透湿防風シートの間を通り、断熱材や木部の湿気を吸い、外部に放出されます。この通気層が外気と同じ気圧を保ち、暴風時は雨水の進入を防ぎ、夏の日射時にも壁体内の温度上昇を抑え、快適さを保ちます。

図解:通気構法


外壁通気構法について

外壁通気構法について外壁材『ダイライト』の上に「透湿防水シート」を張り、その上に胴縁を打ち付けます。この胴縁の隙間に空気の通路が出来、(1)壁体内の結露を防止(2)室内側への雨水の浸入を抑制(3)遮熱効果が得られます。
この胴縁の厚みは、財)住宅性能保証制度を利用するには15mm以上必要となります。検査官はこの寸法をチェックしませんので、是非、現場見学会で良くご覧ください。


土台通気板金について

土台からの床下と外壁の通気に必要な部材です。通気の為の穴が開いています。この対極に、軒天にも通気用の換気口が付きます。また、屋根棟にも通気用に換気棟が付きます。これにより空気が停滞せず流れていくのです。

図解:通気構法を施行した場合と通気構法を使わない場合の比較


断熱材について

断熱材について断熱材の性能は4つに分けた地域区分によって性能が変わります。川崎市のある神奈川県はⅣ地域です。一般的に厚みを言いますが、熱伝導率により厚みが変わります。違う製品では同等の性能でも熱伝導率により厚みが変わり、金額も変わるのです。当社は壁・天井に(1)劣化しない(2)火に強い(3)吸音性の高い(4)白蟻に強い(5)エコマーク認定の環境にやさしい、「グラスウール」を使用しています。

  • 地球にやさしい家づくり
  • 各工法、素材の解説?
家づくり5つのこだわり
無駄なお金をかけない
地震に強い
地球にやさしい
家族をいたわる
地域に密着


営業エリア Area Informations

神奈川県川崎市・横浜市(青葉区・緑区・港北区・鶴見区)・東京都内(大田区)その他地域相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ