充実のアフターメンテナンス

住まいのメンテナンススケジュール.difアフターメンテナンスお客様とのなが~いお付き合い

太洋建設は、「家」は完成したら終わりでなく、暮らしの変化や年月の経過で、お手入れをしながら住み継いでいくものだと考えています。ですから、太洋建設では多くのメンテナンスメニューを持ち、なが~く快適に住んでいただくためのメンテナンスシステムを構築しています。

特に不具合がなくても、点検の時に気になっていることをお気軽にご相談ください。やがて出るかもしれない不具合を未然に防ぐこともできるはずです。家も人間も定期的なメンテナンスが長持ちのコツですね。

リフォーム適齢期という考えがあって、壁紙は約10年で張替え、床板は約20年で張替え、内部建具も約20年で交換など、定期的なメンテナンスが必要です。長期優良住宅の場合、このようなメンテナンスを住宅履歴書に書き記していく必要があります。

定期点検
■ お引渡し

■ アフター点検(1ヵ月後)

■ アフター点検(3ヵ月後)
・住みゴコチはいかがですか?
・何か不具合はありませんか?
・家のお手入れ方法のアドバイスもおまかせください。

■ アフター点検(6ヵ月後)

■ アフター点検(1年後)
・目に見える金物の増し締めや、外部木部のチェックを行ないます。
・木製建具の動きは?塗り壁は?
・慎重に確認いたします。

■ 以後、1年毎の定期点検を実施

■ アフター点検(10年後)
・総点検をいたします。
・耐用年数に近づいている設備機器のチェックも大切です。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント